FC2ブログ
トミーの徒然なるままに…
blogを始めて12年目。世界の中で、自分にしか見えないものを大切に。


FC2カウンター



プロフィール

トミー

Author:トミー
電子材料分野の研究者です。
日本の大学で助教をしています。

どうぞよろしくお願いします。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

blogランキングに参加しています。  ↓ポチっと一回、押してください。

FC2Blog Ranking

トミーに清き一押しを!



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分の歩み
海外・国内連続出張に続き、学内で集中講義の世話教員を務めさせていただいたため、この連休は猛烈な疲労が出てしまいました。

もうパソコン見たくない、仕事したくない…のレベル。でも、今日はかなり復活しました。大事な案件を一気にこなせた。もう後少し。

5年前のこのブログに、私がB4の時から背中を追ってきた、そして、応用物理学会で会心の成果を発表した際、その方に質問していただいて感激したという内容を書いていました。さっきそのブログを確認していました。

今回の集中講義で非常勤講師としてお越しいただいた研究者の方は、実はその方だったのです。学生には絶対内緒ですが、集中講義を聴講しながら、私は涙ぐんでいました(あほでしょうか…)。

でも、本当に不思議な感じがしたのです。自分の歩みを与えてくださった方、「結晶成長からデバイス作製まで、この人のように全部出来る研究者になりたい。」B4の私にそう思わすほどの魅力的な論文を書いておられた方。まだお顔も存じ上げなかったその方のお名前だけ論文上で浮き上がって見えて、B4の私には不思議で仕方なかったこと。そして、実際にお知り合いになってみたら、絵に描いたような紳士で、たまらなく素晴らしい方でいらっしゃったこと。

ご縁というものは存在するのだなぁ…と思い、今までの研究生活で幸せだったこと、辛かったことを全部思い出し、「この方の論文に出会っていなければ、自分は研究者になっていなかったかもしれない。」と思って、目の前で学生に講義してくださっているその方を見ていて涙腺が緩みました…。

今の私のホームグラウンドに来て頂いて、色々色々、お話ししました。MBEのこと、基板温度のこと、試料の評価測定、研究予算、共同研究のこと…etc。ちょうど10歳年上でいらっしゃるため、私の現在の年齢から10年間のその方の歩み…同じ分野に身を置いて、研究者として模索していく上で似たようなご苦労をされているということ、そのお話をさせていただけることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

しんどいけど、また頑張ろう。色んな人を裏切れん。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。