FC2ブログ
トミーの徒然なるままに…
blogを始めて12年目。世界の中で、自分にしか見えないものを大切に。


FC2カウンター



プロフィール

トミー

Author:トミー
電子材料分野の研究者です。
日本の大学で助教をしています。

どうぞよろしくお願いします。



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

blogランキングに参加しています。  ↓ポチっと一回、押してください。

FC2Blog Ranking

トミーに清き一押しを!



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コーネル大学の先生に
レセプションで偶然、米国屈指の名門・コーネル大学の教授の先生に話しかけていただきました。

アメリカにポスドクとして渡りたいと思っていた頃にお世話になったアメリカの先生が昨年、コーネル大学に移られたので、その先生のことをご存知かとお尋ねしたところ、「Wow!?なぜ彼らを知っているんだい!!??」となり、そこから私の研究の話に移りました。

先生も来月オハイオ州の学会に行かれるそうで、その発表内容をお伝えしたところ、

「それは他の材料にも適用できると思うか?他の基板も試してみたか?もしどの材料でもできるとわかれば、それはとんでもないことだ。君は世界を変える。」

と言われました。世界を変えられるかどうかは別として(笑)、私が一人で考えていた新展開そっくりそのままを先生も言ってくださったので、やっぱり私はあながち間違ってはいないんじゃないかという気がしてきました。なんか、すごい発見や成果が得られたときって、まるで肩透かしをくらったみたいにあっさりしているんですよね。今回もなんだかそんな感じ。

でも完全アウェーのアメリカの会議のLate Newsに採択されたんだから、やっぱりそれなりに面白いのだろうと自分に言い聞かせています。

しかし今回のバンクーバーの会議はすごかった。私がよく参加する国際会議で基調講演をされるような先生方がまるで学生や若手の発表のように次から次へとご講演されていて腰が抜けそうになりました。「へ!?この先生もいてはるん!?」みたいな。3日間という短い会期でしたが、量より質で、思いっきり充実した会議でした。

時差ボケがひどい。さて、日本に帰ろう。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。