FC2ブログ
トミーの徒然なるままに…
blogを始めて12年目。世界の中で、自分にしか見えないものを大切に。


FC2カウンター



プロフィール

トミー

Author:トミー
電子材料分野の研究者です。
日本の大学で助教をしています。

どうぞよろしくお願いします。



カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

blogランキングに参加しています。  ↓ポチっと一回、押してください。

FC2Blog Ranking

トミーに清き一押しを!



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


可能性は無限大
つくづく、大学の教育って興味深いものだなぁと思います。

担当している学部1年生の講義。講義と言ってもレンズに関する比較的簡単なデモ実験をグループに分かれて取り組みましょうというもの。高校物理の教科書で習ったことを、実際に体験してもらうのが狙いです。

で、今年の新入生たちは、まー頑張る頑張る。こちらが何も言わなくても、自分たちで協力して実験をどんどん進めてくれます。途中、うまくいかなくてちょっとダレたかなぁ…と心配するような表情をしていても、翌週には見事課題をクリアして新しい課題へと進んでくれます。課題をクリアした時の彼らの表情といったら!まるでゲームをしているかのような楽しみよう。

指導学生のB4君2名。彼らの論文を探し出す努力とそれを読み込んでくる能力。正直、B4のレベルには思えません。偉いなぁと感心させられることしきり。これは院試後が楽しみです。

指導学生のM1君。初の外部発表に向けて発表資料のラフ版を持ってきました。ロジックが変なところも見られたけれど、発表題目やイントロに入れ込んでほしいもの、データの並べ方が「ほうほう」と良い意味で予想外に思わせられる部分もあり。「学生発表賞を狙ってかかれ。それくらいの気合いで勉強しろ。滝に打たれてこい。」と激を飛ばしていますので、さあ、彼がそれをどこまで受け止めて自学自習してくれるか、ここからじっくり観察せねば。

まさに可能性は無限大だと感じさせられることの多いここしばらくです。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。