FC2ブログ
トミーの徒然なるままに…
blogを始めて12年目。世界の中で、自分にしか見えないものを大切に。


FC2カウンター



プロフィール

トミー

Author:トミー
電子材料分野の研究者です。
日本の大学で助教をしています。

どうぞよろしくお願いします。



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



FC2ブログランキング

blogランキングに参加しています。  ↓ポチっと一回、押してください。

FC2Blog Ranking

トミーに清き一押しを!



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国際会議に出席する意義
アメリカはオハイオ州立大学にいます。

現地時間の昨日夕方到着しました。大学の寮に宿泊しています。

会議前日から早速、海外の友人・日本の先生方と再会のオンパレード。一気に気が晴れました。そんな中、感じたことを一つ。

ミシガン大学の博士課程で学んでいた外国人の友人が先日無事に学位を取得し、カリフォルニア大学バークレー校にポスドクとして赴任されました。我々の分野で有名なボスのグループです。

昨年学会で会った時、彼女にはまだ少女のようなあどけなさがありました。可愛らしい女の子だった。ところが、昨日再会して驚きました。ものすごい『社会人顔』になっていたのです。非常に大人っぽくなっていました。それはお化粧を覚えたからとかファッションを変えたからとか、いわゆる一般に女性が「大人っぽくなったね~♪」と他人から言われる質のそれとは違っていました。

彼女を見た瞬間、

「あ、すごく仕事をしてるんだな。充実しているのだろうけれど、アメリカの超一流のラボで生きていくことの厳しさを知ったんだろうな。」

と感じました。そういう凄みが彼女の体や雰囲気から出ていました。

宿泊している部屋はとても広く、半相部屋のようなスタイルなのですが、私と同室の外国人の方は米・パデュー大学の博士課程の学生さんです。学生さんとはいっても、恐らく私より年上で、お子さんと一緒に参加されています。

例に漏れず時差ボケをしている私が先ほど夜中の1時にトイレに起きていったら、朝ごはん用の共用のテーブルのところで彼女は明日の発表の練習をしていました。その背中から

「何としてもプレゼンを成功させたい」

という思いがヒシヒシと伝わってきました。その姿を見て、「負けられない。私も頑張ろう。」と静かな勇気をいただきました。

私が修士や博士の学生だったとき、年上の博士課程やポスドクとしてアメリカのビッグラボに所属されていた方々が全米に散っていかれて、皆さんそれぞれに職位や環境を変えながら引き続き良いお仕事をされていることを、今日のプレセッションで知りました。

自分を差し置いて言わせていただくと、皆さん、歳をとられた!「え!?この人、前に私がかわいいと思ってたあの女性研究者!?」「うわ!このおじさん、前のあのお兄さんやんか!」何人もの方にそう思わされました。(一番おばさんになったのは私のような気がしますが、苦笑)

皆さんの顔に、自分自身や自己の探求する気持ちと日々格闘しておられることが刻まれていると感じました。皆さん、重要なお仕事をされているのや。年月は確実に経過しているのやな。セッション会場で切ない気持ちになりました。

海外で開催される国際会議に行く意義は色々とあると思うのです。私の場合、それは海外(特にアメリカ)の研究のトレンドを把握すること、自分の研究を海外の先生方にアピールすること、国際共同研究のきっかけを探ること…そういうものだと最近は考えてウロウロしています。

だけど今回は、もっと人間的なもの。苦労したりもがいたりする人間的な部分を見せつけられているような気がしています。この会議に参加したのが5年振りだからかな。やはり会議にも様々な『色』があるんですね。

発表、頑張ります。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。